レディ

睡眠中に疲れることも

ベッド

悩みによって選ぶ

眠る時に使っているマットレスには種類があります。それが低反発マットレスと高反発マットレスです。この違いを簡単にいうと、身体の沈み方です。低反発マットレスは身体が沈みやすく、逆に高反発マットレスは身体が沈みにくいという特徴があります。この特徴により、寝ている間に身体に影響が出てしまうとも言われていますので、マットレス選びは慎重に行った方が良いといえます。高反発マットレスを選んだ方が良い人は、肩こりや腰痛に悩んでいる人です。低反発マットレスのように身体が沈み込んでしまうと、身体の中でも重い頭と腰の部分に体圧がかかってしまうので、症状が悪化してしまう可能性があるのです。さらに高反発マットレスは寝返りをよくうつ人にも向いています。低反発マットレスは身体が沈み込み過ぎて寝返りが打ちづらくなりますので、睡眠中に目が覚めてしまうなど熟睡できなくなってしまう可能性があるため、寝起きが悪くなったり、時間的にはしっかりと眠ったと思っても、疲れがとれていないように感じてしまうのです。自分の悩みにあったマットレスを使うことが大切になります。実際にどの程度の物ならば高反発マットレスといえるのかというと、その基準はメーカーによってさまざまとなっています。また、評価も実際に寝てみた人によって様々です。そのため、展示してる高反発マットレスに寝てみるなどして、実際にどの程度身体が沈み込むのか、肩や腰に負担がかかっていないかをチェックしてみるようにしましょう。